年齢に応じた自立を目指します。人の最終的な自立は「親からの自立」です。幼児期にはまず「生活習慣の自立」を目指します。ひとりでできることの喜びを味わうとともにおともだちのことも喜べる優しい心を育みます。